ATミッションとCVTの仕組みの違いを知りたい方はこちらのページをご覧ください。

ATミッションとCVTの仕組みの違い

こちらのページでは、オートマチックトランスミッション(Automatic Transmission)とCVTの違いについて詳しく解説していきたいと思います。

まず、オートマチックトランスミッションとは、正式名称で「多段変速機付きオートマチックトランスミッション」といい、油圧制御によって自動的に変速を行います。

数段の変速ギヤを持ち、自動車の速度やエンジンの回転数、トルクに応じて、その都度最適なギアに自動的にシフトチェンジしてくれるトランスミッションのことを言います。

次にCVTとは、正式名称で「無段変速機オートマチックトランスミッション」と言います。オートマチックトランスミッションと役割は同じですが、内部の構造がオートマチックミッションとは全くの別物になります。

オートマチックトランスミッションは、油圧制御によって1段階ずつギアをシフトチェンジして自動的に変速を行うのに対し、CVTは無段階で変速していきます。

CVTは2つのプーリーとベルトで変速していくため、段階を踏まず、無断階に変速していくことから、L→2→3→Dとシフトアップするときのショックも少なくなり、エンジンパワーを効率的に使え、駆動力の伝達スピードも早くなります。

これによりシフトアップ時のショックが減ったり、燃費が良くなるなど、CVTは様々なメリットがあります。そのため、ここ最近では小型車に多く採用されるようになっています。

また、CVTはオートマチックトランスミッションに比べ、理論上とても効率のよい変速機と言われ、常に理想的な変速比を保てることから、パワーロスが少なく燃費が良いことや、トランスミッションも小型化なため軽量化にも大きく貢献しています。

しかし当然のことながら、このCVTにも多くのデメリットもあり、大排気量車には向かない、ミッション自体が壊れやすいなどがあります。

CVTが小型車に採用される前は、主にバイク(原付)などに採用されていました。元々多くの普通乗用車はオートマチックトランスミッション(トルクコンバーター式)でした。

しかし、ここ数年で技術の発展と共に、無段変速式と言われているCVTが小型車を中心に採用されるようになっていきました。

トルクコンバーター式では坂道、発進、徐行、など運転感覚も自然でしたが、変速ショックが大きかったり、無駄に燃料を捨てていることもありました。

そのため、さらなるショック低減と燃費向上を両立させるために、CVTが主流になってきたのです。

私の記憶では、このCVTを日本で初めて取り入れたのがスバルだったと思います。しかし、現在ではスバルだけでなく、日産、ホンダなど各メーカーが取り入れています。

このオートマチックトランスミッションとCVTの仕組みについて、文章で説明しても正直分かりづらいと思いましたので、詳しく解説されている動画がありますので、まずはこちらをご覧になってみてください。


●CVTの仕組みについて
↑中心のボタンを押すと再生、音が出ますので注意してください。(1分14秒)



●オートマチックトランスミッションの仕組みについて
↑中心のボタンを押すと再生、音が出ますので注意してください。(4分41秒)

↑中心のボタンを押すと再生、音が出ますので注意してください。(3分52秒)



いかがでしたでしょうか?

オートマチックトランスミッションとCVTのそれぞれの仕組みについて、ご理解頂けたでしょうか。

車好きであれば好んで見ることができるかと思いますが、車にあまり興味を持たない方は眠くなってしまったのではないでしょうか(笑)

更に分かりやすくご説明するために、以下にオートマチックトランスミッションとCVTのメリット、デメリットを挙げてみましたので、ご覧ください。


オートマチックミッション(トルクコンバーター式)のメリットとデメリット

【メリット】
・大排気量車、大トルク車にも対応できる
・CVTに比べて壊れにくい

【デメリット】
・燃費があまりよくない
・変速ショックがある
・重量が重く、サイズが大きい


●CVTのメリットとデメリット

【メリット】
・無断階に変速をするため、効率のよい変速ができる
・無断変速のためエンジンパワーを効率的に使え、駆動力への伝達スピードが早い
・燃費性能が高い
・変速するときのショックが少なく、加速がスムーズ
・重量が軽く、コンパクトに搭載できる

【デメリット】
・排気量の大きい車、大トルク車に弱い
・高回転域の変速が苦手
・坂道での加速が苦手


このようにオートマチックトランスミッション、CVTにはメリット、デメリットがそれぞれあるため、車種によってどのミッションを採用するかは各メーカーが決めています。

最近の各メーカーの傾向としては、排気量の大きい車は「オートマチックトランスミッション」が採用されることが多く、小型車は「CVT」が採用されることが多いようです。

CVTは「オートマチックトランスミッション」のようにギヤの噛み合わせで動力を伝達するのではなく、プーリーとベルトの圧力で動力を伝達します。

ギヤを使わずにプーリーとベルトによって変速していくため、プーリーの径を変化させることで連続的な変速が可能になり、スムーズな走りを実現することが出来ています。

ですので、大きなパワーを発生する大排気量車にはなかなか採用することが出来ないのが現状です。

また、CVTは常にプーリーとベルトの摩擦が発生するため、常に清浄な潤滑オイルが必要になります。

潤滑するオイルも専用のオイルが必要になるため、メンテナンスに気を使わないと壊れやすいなどの問題点があります。

そのため、現在のAT自動車のほとんどが、オートマチックトランスミッションが採用されています。

CVTはまだまだ発展途上な部分も多く「オートマチックトランスミッション」に比べると故障が非常に多く、全ての乗用車に搭載できない現状があります。

しかしユーザーからすると、自分が購入した車がCVT搭載車なのかも知らない方がほとんどでしょう。

また、車を購入する時にオートマチックトランスミッションなのか、CVTなのかを選んで購入する人もほとんどいないでしょう。

それよりも、AT車はどれも同じミッションであり、違いがあることなど知らない方が多いと思います。そのため、ある日突然に愛車が故障してしまい、多額な修理費用を背負うことになることがあります。

以下の動画はCVTが故障して走行している動画です。こうなってしまったら、運転することは危険ですから、事故になる前にすぐに修理工場に持っていくことが大切です。

※日産CVT不具合動画
↑中心のボタンを押すと再生、音が出ますので注意してください。(2分34秒)


上記のような状態になってしまったら、運転するのはとても危険です。自分ではコントロールが一切効かなくなり、事故を起こしかねません。

そして、修理工場に持って行くと多額な修理費用がかかることになります。車種によって費用は様々ですが、だいたい30万円~50万円程かかると思ってください。

こうなると、修理して乗るか、もう車を乗り換えるか、それとも車自体を売却してしまうかなどの選択になってくるかと思います。

しかし、故障している車をいざ売却しようとしても、なかなか値が付かないことが多く、悩んでいる方も多くいると思います。

そのような方にお勧めなのが、私がお伝えしている「車の一括査定」サイトです。こちらのサイトを利用し、様々な業者に打診をすれば、値が付かないと言われた車でも、しっかりと値を付けて買い取ってくれる業者が見つかるはずです。

また、もしあなたの車が人気車種であった場合、思っていた以上の高額査定になることもあります。ですので、故障していたとしても諦めることなく、まずは一度こちらの一括査定サイトを利用し、各業者に打診してみてください。

きっと、あなたの車をしっかりとした金額で買い取ってくれる業者が現れるはずです。しかも、こちらのサイトは「無料」で利用することができます。

あなたがやることは簡単な情報を入力して、後は各業者からの回答を自宅で待つだけです。きっと、この一括査定サイトを使えば、値が付かないと言われている車でも、しっかりと値を付けて買い取ってくれる業者が見つかると思います。

ぜひこのような便利なサービスを利用し、あなたの愛車を高値で買い取ってくれる業者を見つけ出してください。きっと、一括査定サイトを利用して良かったと、思ってくれるはずです。



« 前の記事: CVTの故障と修理 | 次の記事:ATFと交換時期について »




こんな記事もよく読まれています

車記事(故障・修理編)


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.