オートマチックミッションが故障した場合、修理と買い替えどちらが得なのかお話しているページになります。

ATミッションの故障を修理するなら買い替えも検討する

こちらのページをご覧頂いているということは、オートマチックミッションの高額な修理費用に悩んでいる方ではないかと思います。

車の修理においてオートマチックミッションの修理費用は、1、2を争うほどの高額なものになります。

恐らく、現在請求されている修理費用は、車種によって開きがありますが、普通乗用車であれば総額で30万円~50万円位の金額になっているかと思います。

これだけの修理費用を払うなら、もう車を乗り換えてしまおうかと考えている方もいると思います。

しかし、車を乗り換えるとなると、新たに車を探したり色々と面倒だから、何とか修理費用を抑えることができないかと考え、こちらのページをご覧頂いているかと思います。

まず、オートマチックミッションの修理費用が何故こんなに高いのか、疑問に思われている方もいると思います。

オートマチックミッションの修理費用が高い理由、それは部品自体が高額なものだからです。

車種にもよりますが、オートマチックミッションの新品部品は、軽自動車や普通乗用車であれば、だいたい20万円~30万円します。

これは部品代のみの値段です。これに交換工賃(一般的に5万円~10万円)が含まれるので、修理費用ともなると上記金額になってくるのです。

しかし高級車にもなると、部品代だけで50万円を超え、ベンツやBMWの外車だと100万円を楽に越えてきます。

ちなみに下記の画像は、ベンツのオートマチックミッションの交換修理の見積書ですが、ベンツクラスにもなるとやはり100万円をゆうに超えるようです(汗)




参考までに私の友人がトヨタのクラウンのオートマチックミッションの修理をしたところ、工賃が10万円、部品代が正規リビルド品を利用して20万円、合計30万円程かかったそうです。

この高額な修理費用を抑えるには、作業工賃の安い修理工場を探し、リビルトパーツの中古部品で直すしかありません。

しかし、中古部品は不安だという方も中にはいると思います。ですが、中古部品とリビルトパーツには大きな違いがあります。

中古部品とは
「廃車にした車から使える部品を取り外し、そのまま商品として販売するもの」

リビルトパーツとは
「部品を一度オーバーホールして、新品同様に組み直したもの」

ですので、リビルトパーツと中古部品とでは物が違いますので、耐久性の面も含めてそこまで心配する必要はありません。

実際、私も大分昔ではありますが、スズキのワゴンRという車に乗っているとき、オートマチックミッションが壊れ、ディーラーに見積りを出してもらったことがあります。

その時の見積り金額が部品代、工賃含め25万円ほどしました。しかし、知り合いの修理工場でリビルトパーツを使い直してもらった結果、作業工賃込みで11万円程で抑えることができました。

リビルトパーツは、だいたい定価の30%~40%程の値段で取引されているので、部品代を大きく節約するのにとてもおすすめです。

しかし、修理工場によってはリビルトパーツでの修理を請け負ってくれないところがあります。その典型的な例がディーラーです。

ディーラーは、リビルト部品を使っての修理を拒否するところが多く、請け負ってもらえないことがほとんどです。

全く請け負ってくれないということはないですが、あまりいい顔はしないはずです。では何故、ディーラーはリビルト部品の修理をやりたがらないのか。

答えは簡単です、儲けが少ないからです。これは私の友人がベンツのディーラーに勤めているので、本人から直接聞いた話です。

また、オートマチックミッションは故障したからといって、全ての車がミッションを載せ変えなくてはならないかというと、そんなことはありません。

ミッションの中身を一度ばらし、ダメな部品だけを交換すれば直ってしまうものもたくさんあります。当然、修理費用は安く済みます。

しかし、ディーラーではほとんどの場合、ミッションを乗せかえるプランしか提案しないそうです。

お客様の中には乗せかえる必要がないものもあるにも関わらず、中の部品が全てダメだと説明をして、乗せかえるプランを提案するところがほとんどだそうです。

友人の話ではミッションを下ろして一度ばらし、中の部品をちまちま交換するのであれば、ミッションごと乗せかえてしまったほうが作業効率が良いのと、会社側の方針で利益率の高い作業をしろと言われているらしく、デイーラーでは最初からミッションを乗せかえるプランを提案するそうです。

車のことが分からないお客はこれに従うしかありませんから、何もしらずに高額な修理費用を払わされているわけです。

こうならないためにも、修理費用を少しでも抑えるには、あなたのお住まいの地域で、お客目線でしっかりと提案してくれる修理工場を見つけることがまずは大事かと思います。

そして、部品をばらしても直りそうにない場合、リビルトパーツを使って修理してくれるか、その辺も確認しておくことが大事です。

私の経験上、ディーラー以外の民間修理工場であれば、リビルトパーツを使って修理してくれますし、ミッションを乗せかえなくても中の部品を交換するだけで、直してくれるところがほとんどだと思います。

誤解して欲しくはないですが、その車の状況によって中の部品が完全にダメになってしまっている場合もあります。

その場合、中の部品を交換するだけでは直すことができないことも多く、ミッションを乗せかえる必要性も出てくるので、そこは修理工場の方のお話をよく聞くようにしてください。

また、リビルト商品は必ずしも在庫があるとも限らないので、信頼できるリビルド品の在庫を確保できるか、修理工場で確認することも大切です。

オートマチックミッション自体はそうそう壊れるものではありません。しかし、距離を乗れば乗るほど、中の部品は劣化していきますから、変速の際にショックが大きくなったり、滑ったりなどの不調はどうしても出てきます。

故障してしまった場合は、そのまま走り続けるのは危険ですので、出来るだけ早く修理工場などに相談することです。

とはいえ、走行距離20万kmを超えても問題ない車も多いですし、日頃のメンテナンスやその車の個体差も大きいと言えます。

しかし中には、いい機会だからもう一層のこと車を乗りかえてしまうと考えている方もいるかもしれません。

ですが、乗りかえるにしても故障している車ではなかなか値が付かないのではないかと心配される方もいるかと思います。

ですが、オートマチックミッションが故障をしていたとしても、しっかりと値を付けて買い取ってくれる業者は多くいます。

ただ、年式の古い車や人気車種でない場合は値が付かないこともあります。ですが、まずは買い取り業者の査定金額を確認してみないことには、あなたの愛車がいくらの値を付けるか分かりません。

人気の車種であった場合、車が故障していても驚く程の値段が付くこともありますので、まずは一度、買取業者に打診してみることです。

その際は私がお勧めする「車の一括査定サイト」を利用することをおすすめします。このサイトは簡単な必要情報を記入するだけで、あなたのお住まいの地域の各買取業者から、すぐに概算の買取金額を知ることができます。

またこちらのサイトを利用すれば、その中から一番高く買い取ってくれる業者がすぐに分かりますので、あなたの車を最高値で買い取ってくれる業者をぜひ見つけ出してください。

しかも、こちらのサイトは「無料」で利用することができますので、こんな便利なサービスを利用しない手はありません。

故障しているからと言って、諦めることはありません。まずは一括査定サイトを利用し、現在の愛車の買取金額の値段を知りましょう。そこから修理に出すか、新しい車に乗りかえるかを検討すれば良いかと思います。






 次の記事:CVTの故障と修理 »




こんな記事もよく読まれています

車記事(故障・修理編)


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.