中古車の個人売買の注意点についてお話しています。

個人売買は大丈夫なのか?

ここのページでは中古車を購入する際、個人売買で購入することは問題ないのか、このことについて触れていきたいと思います。

私が友人達と食事をしているとき、一人の親しい友人から以下のような質問を受けたことがあります。

「車を購入しようと思っているんだ、そこでネットで色々と調べてみたら、ヤフーオークションで狙っていた車がかなり安く売られているんだけど、個人売買ってどうなのかな?販売者が個人だから正直怖いんだよね、、、」

結論から言います、一般ユーザーの方は絶対に個人売買で車を購入することは止めてください。

手間やリスクを考えるのであれば、普通の中古車店で購入した方が絶対にいいです、私は個人売買はお勧めしません。

その理由は、リスクが高すぎるからです。私のように中古車業界に長年勤めていた人間であれば、車を購入するまでの流れや手続き方法は全て分かっています。

また事故車や不正車、盗難車を見分けるための知識も持っていますから、その辺の見分けもしっかりとできます。

しかし一般ユーザーの方が一番懸念される、事故車や不正車、盗難車、この部分を見極めることは普通の方はなかなかできませんし、盗難車だと知らずに買わされたら大変なことになります。

また車を購入するまでには、色々とやらなくてはいけない手続きがたくさんあります。名義変更や車検の取得、納車までに必要な法的整備などです。

中古車販売店で購入すれば、このような面倒な手続きは全てやってくれますので、あなたがやることはありません。

しかし個人売買になると、このような面倒な手続きを全て自分でやるか、もしくは相手側にやってもらうことになります。詳しい方であれば何の問題もない手続きですが、一般の方がやろうとすると、かなりの手間と時間がかかります。

陸運局に行って名義変更手続きをしたり、車検切れの車の車検を通すとなれば、慣れている人がやれば2~3時間で終わりますが、慣れていない人がやろうとすると、おそらく1日仕事になります。

これらを全て、どちらかが行わなくてはいけなくなります。売り手側が全て引き受けると言ってくれればいいですが、買い手側でやってください、と言われたら大変です。

調べる時間や会社を休んで陸運局に行く時間を考えれば、「中古車販売店で購入した方が良かった」、と思われると思います。

ちなみに陸運局はお役所と一緒なので、平日の9:00~17:00しか開いていませんから、普通のサラリーマンの方であれば仕事を休むか、早退していくはめになります。

ですが、個人売買市場は中古車市場全体の約10%あると言われ、個人売買がなくならない理由には、次のことがあるからだと思います。

それは、「売り手は車を高く売ることができ」、「買い手は車を安く買える」というメリットがあるからです。

個人売買は個人間での取引になりますから、当然のことながら仲介手数料などは一切発生しません。また、個人売買では消費税がかかりませんから、金額が大きくなればなるほど、買い手側は得をすることになります。

しかし、デメリットも大きいのが個人売買です。以下に個人売買のメリット、デメリットを買い手側の視点、売り手側の視点で書きましたので、参考にしてみてください。


●買い手側のメリット

車を安く買うことができる
消費税がかからない

●売り手側のメリット

車を高く売ることができる


個人売買にはこのようなメリットがありますが、私はメリットよりも、デメリットの方が大きいと考えています。


●買い手側のデメリット

代金は一括払いが基本、分割対応がない
事故車や盗難車を買わされる危険性がある
引渡し後に何かしらのトラブルが起きる可能性がある
保証がないので、引き渡し後は全て自己責任になる



●売り手側のデメリット

契約書や文書などの作成、相手にサインをもらう手間がかかる
引渡しまでに手間と時間がとてもかかる(名義変更や車検、法的整備など)
車両と代金の受け渡しに大変手間がかかる
引渡し後のトラブル発生率が高い
買主が名義変更しないために、自動車税の納付通知書が届く



※個人売買のデメリットに関しては、買い手側、売り手側がどこまで責任を持ってやるかによって、デメリット部分が少し変わってきますので、あくまでも参考として捉えてください。


この点をよく理解していて、自分で何でも出来てしまう方であれば、個人売買はとても魅力的で有効な手段だと思います。しかし一般ユーザーの方にとっては、リスクの方が大きいと言えます。

個人売買をするとき、何かあったときの責任の有無を事前に決め、契約書を交わせば安心などと言いますが、私はそうは思いません。納車後に何か問題が発生したとしても、どこまで相手が親身に対応してくれるのか正直疑問です。

相手の連絡先、住所が分かっているから安心と言っても、相手が対応してくれなければそれで終わりです。結局、自己責任となり、泣き寝入りすることがおちです。

よく考えて頂ければ分かると思いますが、そもそも個人売買で車を売ろうとする人は、それなりの知識がある人です。

知識がない人はそもそも個人売買で車を売ろうなんて考えません。ほとんどの方は車を売却する際、下取りに出すか、買取店に出すはずです。

もし、何も知識もなくただ高く売りたいと言う考えだけで、個人売買を利用して車を売却しようと考えている人は、引渡し後にトラブルが起きても、何も対応してくれないと思います。

そもそも知識がないのですから、対応したくても、どう対応したらいいのか分からないはずです。車の個人売買では、圧倒的に買主側の方がトラブルを被ることが多く、売り手側にいいようにやられてしまっている傾向が強いようです。

ですので、知識を持っていない人がそのような人達から車を買えば、当然のことながらトラブルが発生する確率が高いのです。

知識を持っている売り手側は、何も知らない相手をいい事に、粗悪な車を平気で売って、「その後は俺は何も知らないよ」と、一切連絡が取れなかったりする輩も中にはいると思います。気が付いたときには既に遅く、泣き寝入りをするしかなくなります。

このようなことにならないためにも、一般ユーザーの方には個人売買には絶対に手を出さないようにと、私はいつも言っています。

もしあなたが、車を少しでも安く購入したいがために、個人売買を利用しようと考えていたのであれば、私がお勧めしている中古車販売サイトで車を購入することを検討してみてください。

ご紹介しているサイトでは、個人売買より安く手に入れることは難しいかもしれませんが、車のプロが良質な車を相場価格よりも安い値段で探してきてくれます。

またこちらのサイトでは、「事故車」や「不正車」は扱っていませんから、その点でもとても安心です。

私がお勧めしている中古車販売サイトは「なびくる車販売」です。こちらのサイトに一度相談を持ちかけて、プロの提案を受けてみてください。

きっと、あなたが希望している予算の中から、あなたに合った最適な車を見つけてくれるはずです。



« 前の記事: 車検費用はどの程度必要か? | 次の記事:過走行車はダメなのか? »




こんな記事もよく読まれています

車記事(購入編)


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.