事故車は購入しても本当に大丈夫なのか、このことについて詳しくお話しているページになります。

事故車は購入しても大丈夫なのか?

私が車に詳しいこともあってか、友人や知人が車を買い替える時によく相談を受けます。

そんな時、「事故車はやはり避けるべきですか?」という質問を受けます。

何故、事故車に興味があるの?と逆に聞き返すと、

「相場価格よりもかなり安く販売されているから」
「経済的に余裕が無いので、走行に問題なければ事故車でもいいと思っている」

と言われます。

まず結論から先に言いますと、事故車だとしても、全ての車に問題があるとは限りません。

ですので、購入予定の車をしっかりと見極めることができる目をあなたが持っているかどうか、これにかかっていると言えます。

しかし、一般ユーザーの方が車の目利きが出来るかと言うと、正直なところなかなか難しいと思います。

ですので、こちらのページでは「事故車は本当に購入しても大丈夫なのか?」このことについて詳しくお話していきたいと思います。

まずはその前に、世間一般的に考えられている事故車の基準と、中古車業界が定めている事故車の基準にはかなりの温度差がありますので、そのことを知ってもらう必要があります。

一般的に認識されている事故車というのは、車をぶつけて破損したり、壁に擦ってしまったなど、一度は車を外部に接触してしまったものを認識している人が多いと思います。

しかし、中古車業界で定める事故車と言うのは「修復歴が有るか無いか」、ここで判断をしています。

よく店頭で並んでいる車や、インターネットサイトでは修復歴有、修復歴無の表示がされていると思います。

中古車業界の事故車の基準は、財団法人日本自動車査定協会、一般社団法人自動車公正取引協議会、一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会が定めている統一基準によって、以下に定められています。

修復歴車とは、「車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」とされています。


言葉では分かりづらいと思いますので、図を使って解説していきます。



修復歴有→車の骨格部位(フレーム)が修復されている車

修復歴無→車の骨格部位(フレーム)が修復されていない車

※つまり事故を起こした車であっても、車の骨格部位が修復されていなければ「修復歴無」と店頭では表示されます。

もう少し分かりやすくお伝えすると、

修復歴有→人間で例えると骨折した形跡がある

修復歴無→人間で例えると擦り傷 捻挫 打撲等の簡易的な怪我


つまり、中古車業者が表示している「修復歴有・無」というのは、その車の過去の事故歴を表示しているものではなく、車の骨格等に欠陥が生じたかどうか、その修復歴の有無があるかどうかを表示しているものなのです。

ですので、事故歴があったとしても、修復歴有にならない車が多く存在するということなのです。

「えっ?」と驚かれた方も多くいると思います。実はこの分かりづらい表示方法がユーザーにとって大迷惑なのです。

つまり、車の骨格等に欠陥が生じていなければ、修復歴有ではなく、修復歴無しの表示になるということです。

簡易な事故による修理、バンパーやドア、ボンネット、外装品を交換しただけの車は修復歴無、事故車としては扱われないと言うことになります。このような車は「無事故 無修復歴車」の扱いになります。

従って、車の骨格部位を修復した車は修復歴有として店頭に並びますが、事故を起こしていたとしても、骨格部位の修復がなければ、修復歴無しと表示されて店頭で販売されることになります。

良心的なお店は修復歴無しと表示をしていても、「この車はフロントをぶつけていて、バンパーを交換した形跡がありますが、走行には支障がないので修復歴無しと表示しています」、などと細かく説明してくれます。

ですが中には悪い業者もいて、修理の形跡があるにも関わらず、「この車は完全無事故車です」と言って、平気な顔で販売している業者もいます。

しかし、この事故車の境界線というのは非常に難しいものがあって、お店によっては基準が大きく分かれます。

少しのボディーのへこみを修理しただけでも事故車と扱うお店もありますし、ドアを交換した形跡があるのに事故車ではないというお店もあります。これはもう販売する業者側のモラルの問題になってきます。

またこの分かりづらい基準によって、運転手が事故で亡くなった車や、歩行者を跳ねて死なせてしまった車、また中にはガス自殺や練炭自殺をしたいわくつきの車も、修復歴無しと表示されて店頭に並んでいることがあります。

運転手が亡くなっている場合は大きな事故であることが多いため、ほとんどの場合はそのまま廃車になることが多いです。

しかし、歩行者を跳ねて死なせてしまった車や、路上で倒れている人を引いて死亡させてしまった車は、さほど大きな外傷が無いため、軽度の修理で直ってしまうことが多く、そのため事故車扱いにはならず、普通の中古車として販売されていることがあります。

正直、このお話をお伝えするかどうか迷ったのですが、少しでも多くの方にこのような事実もあるということを知ってもらうために、お伝えすることにしました。

つまり、この分かりづらい中古車業界の表示基準によって、事故車であるにも関わらず、修復歴無しと表示されて店頭に並んでいる車が多くあるということなのです。

では、このような車を掴まされないためにはどうすればいいのか。一番いいのは車業界に勤めた経験のある友人に購入予定の車を一緒に見に行ってもらうことです。

ですが、そんな都合の良い友人がいる人は少ないはずです。では、どうするか。

まずは修復歴無しと表示されていても、事故歴は無いかしっかりと販売業者に確認することです。

プロであれば、どこをぶつけているとか、どのような事故を起こしているか分かります。ですので、担当者に正直に教えてもらうことです。ここで、口を濁すような業者であれば購入することを避けた方がいいでしょう。

次に事故車の目利きをある程度自分で出来るようになることです。

「事故車の見分け方なんてできないよ」、と思われるかもしれませんが、実はポイントさえ押さえてしまえば、結構簡単に判別できてしまいます。

ここで一つ、事故車かどうか判断できる簡単な方法をお伝えします。事故を起こしている車は運転しているとハンドルがぶれたり、直線で真っ直ぐ走らないことがあります。

実際に試乗し、真っ直ぐな道路になったら両手をハンドルから離してみてください。ハンドルを放しても、真っ直ぐ走るのであれば大きな事故はしていないと言えます。

しかし、手を離したときに左右に大きく車が持っていかれるようであれば、事故を起こしている可能性が大いにあります。

右に持っていかれるのであれば、右を大きくぶつけている可能性がありますし、左に持っていかれるようであれば、左を大きくぶつけている可能性があります。

ここでは簡単な見分け方をお伝えしていますが、詳しい事故車の見分け方は別ページで解説していますので、ぜひそちらもご覧になってみてください。


事故車の見分け方についてはこちらのページで詳しく解説しています。
「事故車の見分け方」


次に「査定表」を見せてもらうことです。

中古車には1台、1台、車の診断書とも言える査定表が付いています。これは車の売買をする際に車の状態を業者が判断するために使用するものです。

また、オートオークションなどの厳しい審査基準を通した証でもありますので、この査定表を見せてもらい、しっかりと説明を受けることです。もしくは自分で査定表の見方を覚えてしまい、目利きができるようになってしまうことです。


査定表の見方はこちらのページで詳しくご説明しています。
「査定表の見方はこちら」


もし、この査定表を見せてくれない業者がいたらそのお店での購入は避けるべきだと言えます。査定表を見せられないということは、それなりに何かやましい理由があるからです。


次に保証期間がどの位あるかです。

中古車と言えども、最低でも半年~1年以上の長期保証は欲しいところです。中には購入後1ヶ月程度の保証しかしてくれない業者もいます。

やはり、車はある程度長い期間乗らないと分からないこともありますから、半年~1年以上の保証を付けてくれる業者で購入するのがお勧めです。


まとめますと、事故車を掴まされないためには、

車業界に勤めた経験のある友人に、購入予定の車を一緒に見に行ってもらう
修復歴無しと表示されていても、事故歴は無いかしっかりと販売業者に確認する
事故車の目利きをある程度自分で出来るようになる
実際に試乗運転をさせてもらい車をチェックする
疑いのある中古車は査定表を見せてもらう
最低でも半年~1年以上の長期保証を付けてもらう


私が友人達にいつもアドバイスしていることです。ぜひ、参考にしてもらえたら嬉しく思います。

しかし、冒頭でもお伝えしましたが、事故車だからといって、全ての車を避ける必要はありません。

ここが中古車選びの本当に難しいところですが、中古車ですから車の程度は一台一台やはり違い、物によってはとてもお買い得な車があるのも事実です。

事故車だからといって、全ての車に問題があるとは限らないのです。事故車でも軽度な事故(壁に軽く擦ったり、バックをしていて軽くぶつけた程度)であれば、しっかりと修理をすれば何の問題もなく走行する車も数多くあります。

自分は中古車販売の仕事をしていましたからよく分かるのですが、修復歴がなくても不具合の出る車はありましたし、修復歴があっても不具合が出ない車もありました。

ですので、車の目利きに自信がある方は自信を持って車を探していただき、車に詳しくない方は修復歴有、無しで踊らされるのではなく、このページでお伝えしたことを参考にしてもらい、車選びをして頂ければと思います。

しかしそうは言っても、車に詳しくない方が実際に展示場に行って、その事故車を本当に購入しても大丈夫なのか、判断するのはなかなか難しいと思います。

そのような方にお勧めなのが「なびくる車販売」という中古車販売サイトです。

こちらのサイトでは、厳選なる審査を通った優良業者のみが登録をし、質の良い中古車を多く販売していますので、安心して車選びをすることができます。

また事故車であった場合は、しっかりと説明をしてくれる業者ばかりですから、とても安心です。

しかも、こちらのサービスは「無料」で利用することができますので、車探しをしている方には、自信を持ってお勧めしているサイトです。

こちらのサービスを利用すれば、質の良い車を見つけることができ、とても楽しいカーライフを送ることができるはずです。



« 前の記事: 過走行車はダメなのか? | 次の記事:恐怖のニコイチ車両販売 »




こんな記事もよく読まれています

車記事(購入編)


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.