お薦めサイトページです。

  • TOP
  • »
  • お薦めサイト

お薦めサイト一覧

現在、お薦めしているサイトはございません。

中古車を購入する場合の諸費用はどの位?

中古車を購入する場合、車両本体価格以外の諸費用がどの程度かかるのか、税金、登録のための諸費用を知っておく必要があります。

まず自動車取得税ですが、これは車を購入するときにかかる税金で、50万円以下の車両の場合は非課税となり、また3%の税率ですが、ハイブリッドカーやエコカーの場合は優遇されます。

これは中古車の場合は新車の価格を1として経過年数などによって税率が算出されますので、古いものほど安くなります。

また、車検時にも収める税金が自動車重量税です。車両の重さを基準とし、車検時に2年分を支払います。また中古で買って、車検が残っている場合は次の車検までは支払う必要がありません。

また消費税もかかります。税率8%ですから購入時にもっとも高い税金と言えます。装備を足す時にもかかります。値段をよくチェックして、同じものでも安いお店で買うようにするとコストを下げることができます。

また自動車リサイクル料金については知っている方が少ないようです。これは2005年から施行された法律により、所有者に課せられます。エアバッグをはじめとしたリサイクルパーツについて、適正な処理を行っていくための制度になります。

中古車を専門に扱う業者ではよく整備をしてから納車しますが、この場合にも料金が発生します。販売業者によって納車整備費用の金額が異なりますが、クオリティをチェックし、基準に合格しなければなりません。

このように中古を購入するといっても、新車を購入するのとほぼ同じような費用が発生してきます。オークションや販売店で値段をチェックする場合も、これらの費用を加味しながら決めることが必要です。

予算が100万円で考えていたとしても、諸費用等に「20万円~30万円」近くかかる場合が多いですので、気に入った車の価格が100万円だからといって、そこで決めてしまうと、後々予算オーバーになってしまい、四苦八苦してしまうことになります。

ですので、中古車を購入する場合は車両本体価格だけを見るのではなく、その他にかかる諸費用もしっかりと計算に入れておかなければなりません。

特に近年では消費税が8%に上がり、2017年4月には10%に上がると言われていますから、100万円の車を購入した場合、消費税だけで8万円課税されることになります。これだけで8万円もオーバーになります。

ですので、だいたいの相場ではありますが、諸費用はおよそ20万円~30万円余計にかかることを計算に入れて、車を選ぶようにしてください。でないと、後々余計な出費がかさんでしまうことになります。



こんな記事もよく読まれています

車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.