中古車業界の流通の仕組みとはどのように出来ているのかお伝えしております。

中古車業界の流通の仕組みとは?

ここのページでは、中古車業界の流通の仕組みを詳しくご説明していきたいと思います。

中古車販売業者や車買取業者、各社ディーラーなどが中古車の取引を行う場合、各都道府県に属するオートオークションで取引を行うことになります。

オートオークションのことを業界用語で「AA」と呼ばれ、ここでは様々な車が取引されています。
例えば、中古車、新古車、事故車、不動車、などが取引されています。

「新古車」とは、走行距離がほぼ0に近い車で、展示車だったり、何かの理由で前のオーナーがすぐに手放した車を言います。

「事故車」とは言葉の通り、事故を起こした経歴のある車で、「不動車」とは、事故で動かなくなった車や何年もエンジンをかけずに動かしていない車、豪雨などで水没した車のことを言います。

AAでは週に1回、各都道府県が管轄する会場でこのような車が取引され、入札方式で競りが行われています。売り手側の希望額に達すると売買成立となり、その後、一般中古車市場に出回っていきます。

普通の中古車販売店ではこのAAで車を仕入れ、販売することになります。ですが中には、このオートオークションを通さないで、全て自社で買取から販売まで行うお店もあります。

例えば、大手のカーセブンやT-UP、アップル、ガリバーさんなどがそうです。なかなか売れない車は時と場合によって、AAを利用して売りさばいていることもあるようですが、基本的には自社で買取、販売まで一括して行っています。

この方法を「ダイレクト販売方式」もしくは「直販方式」などと言います。普通の販売方式とこのダイレクト販売方式にはどのような違いがあるのか、分かりやすく図を使ってご説明しますので、下記をご覧下さい。

丁度、カーセブンさんのホームページに分かりやすく説明している画像がありましたので、こちらをご覧ください。(カーセブンさんお借り致します。)


どんな業界でもそうですか、何か物を売る場合の値段の決め方としては、「仕入れ価格+諸経費=販売価格」になります。

そして車業界でかかる諸経費、つまり「中間マージン」と呼ばれているものは、以下のものになります。


▼中古車販売店の主な諸経費

●お店で働く人達の人件費

●オークション出品費用
(出品手数料10500円/回 落札手数料10500円/回 成約手数料10500円/回)

●陸送費(10000円/回前後 場所によってはもっとかかる)

●車が売れるまで店舗で保管するための場所代

●売れ残る場合を想定し、AAへの再出品手数料やその他経費

●販売後メンテナンスに関する保証料等

●店舗運営費(家賃や光熱費)

●利益


中古車販売店ではこのような経費がかかるため、利益を得るためにはどうしてもこの分を販売価格に上乗せする必要があります。

ですので、実際に買取した車の金額が100万円だったとしても、オートオークションを通して次の販売店に並ぶときは、およそ5割増~6割増の金額、150万~160万円で店頭に並ぶことが多いです。

これはあくまで一つの目安になりますが、販売金額にはだいたいこのくらいのコストが上乗せされて販売していると考えてください。

しかし、「ダイレクト販売方式」では、このようなコストがかからないので、車を買い取るときは他社より高く買い取ることができ、販売するときは安く提供することが可能になります。

この方法はまさにユーザーにとってはとてもありがたい販売方式なのですが、どこの店舗でもこのやり方ができるわけではありません。やはり、それなりの資本とシステムが整っている大手企業だからこそできるやり方です。

また中古車の価格と言うのは、その車の人気とその車のコンディションによって決定されます。そして、人気を決める大きな要素としては、「車種」と「色」この2つが大きな比重となっています。

人気の色は、白や黒、シルバーが人気で、赤や青、グリーン系の色は値段が落ちる傾向にあり、同じ車種でも色の違いで20万円~30万円位の差が出ることもあります。

ですが、車種によっては青が一番人気だったりしますので、あくまでも一つの目安になります。(スバルのインプレッサなどは青が一番人気です)

やはり市場で人気のある車は、ある程度高い値段で店舗に出しても売れるので、オートオークションでの仕入れ価格は高くなります。

その逆に人気のない車は値段を下げないと売れないので、オートオークションでの仕入れ価格は安くなります。

例えば人気のある車の一例として、高級車であれば、「レクサス」、「セルシオ」、「クラウン」、または「アルファード」「エルグランド」、この辺の車はとても人気が高いので、オートオークションでは高い金額で取引されています。

また軽自動車も中古車市場では価格がとても安定しています。理由はその後の維持費です。購入時の価格が多少高くても、その後のコスパのことを考えると後々お得ですから、軽自動車を欲しがるユーザーは1年を通して多いです。

そのため、軽自動車は1年を通して安定した価格で取引されている傾向にあります。逆に人気の無い車というのは、オートオークションでも買ってくれる業者が少ないために、出品者は値段を下げざるを得ません。

ですので、もし車の購入を検討していて、まだ車種が決まっていないのであれば、市場であまり人気の無い車を探して購入し、長く乗ればコスパのことを考えるととてもお得になります。

また、人気のあまりない車種は状態の良い車が多いです。人気のある車種はそれだけ市場に出回っていますから、事故車も多い傾向にあります。

しかし、人気のない車種は市場に出回っている数も少ない傾向にあり、乗り手も少ないために事故車などが少ない傾向にあります。

既に欲しい車種が決まっていれば、その車を探すことがいいと思いますが、まだ車種が決まっていない方は、この辺の車を購入して長く乗ればコスパ面でだいぶ得ができると思います。

ここまで中古車業界の流通の仕組みについてご説明させていただきましたが、もしあなたが車の購入を検討していたり、車を探しているのであれば、以下でご紹介しているサイトで一度、車探しをしてみることをお勧め致します。

こちらのサイトでは、あなたが希望している車を低価格で程度の良いものを探してくれたり、車種が決まっていなかったり、どんな車を購入したらいいのか分からない方に対しては、あなたのライフスタイルに合った車をプロが的確にアドバイスしながら見つけ出してくれます。

こちらのサイトを利用して車を探せば、あなたの満足行く車を購入することができると思いますので、まずは一度利用してみることをお勧め致します。利用は「無料」で出来ますし、どんな些細な相談も気軽に乗ってくれます。

あなたのカーライフを充実させるためにも、車選びに失敗しないためにも、こちらのサイトで車を探してみることをお勧め致します。






 次の記事:悪徳中古車業者を許すな! »




こんな記事もよく読まれています

中古車業界の裏話


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.