悪徳中古車業者の不正についてお伝えしています。

悪徳中古車業者を許すな!

中古車の取引を行う場合、ほとんどの業者はオートオークションで取引を行い、車を仕入れています。

オートオークションでは様々な車が取引されていて、「中古車」、「新古車」、「不人気車」、「事故車」、「不動車」、「粗悪車」などがあります。

それぞれの特徴を下記に記載しますので、参考にしてください。

●新古車

展示車や走行距離がほぼ0に近い車
何かしらの理由で前オーナーがすぐに手放した車


●中古車

一般的な中古車

不人気車

一般的に人気の少ない車

事故車

以前に事故を起こした形跡のある車

過走行車

1年で1万キロ以上距離を走っている車

走行距離不明車

走行メーターの改ざんが疑われる車
もしくは前オーナーが何かしらの理由でメーターを新しく交換している車

不動車

事故で動かなくなった車
何年も放置され動かしていない車
豪雨などで水没した車

粗悪車

全体的に傷が多い車
内装が著しく汚れている車(タバコの焦げ後、ペットの異臭など)
塩害でボディが錆びている車
その他何かしら問題がある車


オートオークションでは週に1回、各都道府県が管轄する会場でこのような車が取引され、一般中古車市場に出回っていきます。

しかし、中古車業界では店頭に並ぶ車の10台に1台が事故車や不正車とも言われ、当然のことながら、事故車や不正車も業者間同士で取引されています。

業者同士の取引ではごまかすことは出来ませんから、事故車は事故車、不正車は不正車として取引されますが、そのことを隠して平気で一般ユーザーに販売する悪徳な業者が少なからず存在します。

つまり、事故車や不正車であるにも関わらず、ユーザーが見分けることがなかなか出来ないことを利用して、事故車や不正車を優良車として販売し、水増しして利益を得る業者がいるのです。

最近では(2015年)業界の意識の変革などで、そのような業者は大分減っていると言われていますが、それでもこのような行為に及ぶ悪徳業者は未だに存在します。

私が中古車業界にいたときは、中古車業者のブラックリストというものがあって、あそこの業者は事故車やメーター改ざん車を優良車と嘘をついて平気で売っている、このような噂が業者同士でもよく飛び交っていました。

では、なぜこのような悪質なことをする業者が存在するのでしょうか、答えは簡単です、少しでも多くの儲けを得るためです。

昔は中古車を購入する場合、雑誌などの媒体しか情報がありませんでしたが、現在はネットの普及などから、ユーザーの目に入る情報は格段に増えています。

その結果、どこの店舗でも中古車の販売価格はさほど変わらなくなってきています。

大手中古車検索サイト「カーセンサー」や「GOO」などでは、価格競争が激化していて、業者の利益は年々減っていると言われています。

このようなことから、少しでも儲けを得るためには仕入れ価格を安く抑えなくてはなりません。中古車の仕入れ価格というのは、「車の人気」と「車の状態」、この2種類によってだいたい決まりますが、問題のある車は仕入れ価格がとても安く抑えられます。

そのため、事故車を優良車として販売したり、過走行車のメーター改ざんをして、販売する業者が後を絶たないのです。

中古車業界で仕入れ価格の安い車とは、「事故車」、「過走行車」、「走行距離不明車」、「粗悪車」、などです。

このような車は当然のことながらユーザーが懸念しますから、一般の中古車に比べると仕入れ価格が非常に安くなります。

しかし、正直に事故車や走行距離不明車と表示して販売をすれば、当然、販売価格を下げて店頭に置かざるを得ません。

しかし、このような車を優良車と偽って販売していたらどうでしょうか。一般の方は事故車の見分け方、ましてや過走行車のメーター改ざんなど見破れるわけもありません。

実際に車を見たり、試乗させてもらっても、事故車かどうかはっきりと見分けられる方はほとんどいないでしょう。悪徳業者はその消費者の弱みを利用して儲けを得ているのです。

もちろん、正直に表示をして販売している中古車屋さんがほとんどだと思います。しかし、少なからずこのような悪徳業者が存在するということは知っておいていただきたいのです。

では、どうすれば事故車やメーター改ざん車を見破れるのか。一番お勧めのは、購入しようとしている車の「査定表」をそのお店で見せてもらうことです。

オートオークションでは、数少ない専門資格を持った査定員が定められた基準を持って、1台、1台厳しく出品車両をチェックしていきます。そして、査定した内容を査定表に記載していきます。

この時に何か不正があったり、問題がある車は出品することができなかったり、何か問題が発覚した場合は、その事由について査定表にしっかりと記載されます。

つまり査定表というのは、信頼のおける車の診断書で、買取業者は車を仕入れるときにこの査定表を確認しながら、競り落としていきます。

つまり、オートオークションで仕入れた車であれば、この査定表というものが1台、1台に必ずあります。そして、その査定表を見れば、どのような状態で車を引き取ってきたのか一発で分かります。

ですので、購入予定のお店で査定表を見せてください、と言って、素直に見せてくれる業者は信頼できると言えます。しかし逆に、何かしらの理由をつけてごまかしてきたり、査定表を見せてくれないお店は疑ってかかるべきです。

このことを知って頂けるだけで、粗悪な中古車を手にする確立は格段に減ると思いますし、悪徳業者を見分ける一つの基準になりますから、ぜひ知っておいてください。


※査定表の見方や事故車の見破り方は別ページでご説明しています。

査定表の詳しい見方はこちら

事故車の見分け方はこちら


悪徳業者がいるということは、業界にとってとても迷惑なことです。ましてやユーザーにとっては信じられないことです。数少ない悪徳業者のおかけで、真面目にやっている販売店までもその迷惑を被っているのです。

もし信用して購入した車が事故車だったり、メーター改ざんが行われていた車だったとしたら、、、あなたはどんな気持ちになるでしょうか。

私が中古車業界にいたとき、実際にこのようなお客様を何度か相手にしたことがあります。もちろん、本人は事故車やメーター改ざんされていたなど知る由もありません。

しかし、車を売却しようと思い、査定に持って行ったときに初めてその事実を知る、このときのお客様の顔を何度も拝見していますが、自分は悪くないのにとても辛い気持ちになります。

ですから、あなたには絶対に悪徳業者に騙されて欲しくありませんし、こちらのページがあなたや他大勢の方のお役に立つことを願っています。

そして、より多くのユーザーがたくさんの知識を身に付け、悪徳業者が自然といなくなり、優良業者だけが残る業界になればとても嬉しく思います。

しかし、事故車や不正車を見分けたり、悪徳業者を見分けるにはそれなりの経験と場数が必要になってきます。私の方でも出来るだけ分かりやすく色々とご説明しているつもりではありますが、やはり限界はあると思います。

ですので、もしあなたが車の購入を検討していて、「どこか良い業者がないか」、「事故車は掴まされたくない」、「悪徳業者には騙されたくない」と思ったのであれば、私が下記にご紹介している、中古車販売サイトで車探しをしてみることをお勧め致します。

こちらのサイトでは、車のプロがあなたに代わって優良車を探してくれたり、どの車を選んでいいか悩んでいる方に対しては、プロの目線からあなたのライフスタイルに合った車を探してくれます。

当然のことながら事故車は扱っていませんから、安心して利用できます。しかも、こちらのサービスは「無料」で利用することができますし、相談だけでも快く受けてくれます。

私もこちらのサイトを利用したことがあるのですが、とても対応が良く、車のプロだった私から見ても、とてもお勧めできる中古車販売サイトです。私の友人達にも車を購入する際は、こちらのサイトを利用するように皆に勧めています。

もしあなたが車探しをしているのであれば、ぜひ一度こちらのサイトを利用してみてください。きっと、満足行く車探しができるはずです。



« 前の記事: 中古車業界の流通の仕組み | 次の記事:事故車の判断基準とは? »




こんな記事もよく読まれています

中古車業界の裏話


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.