新着情報ページです。

  • TOP
  • »
  • 新着情報

新着情報

新車の値引き交渉について

新車を購入する場合、中古車と違って価格はあまり変動しませんので、展示されている価格をそのまま鵜呑みにして費用を算出する方が多いようです。

しかし、値引きできないということはありません。時期によっても変動したり、格安で買えることもあります。結果的に20万円も安く買えたということはざらにあります。

またある程度の知識を持っておくと値引きもスムーズです。内装やパーツ等にその分お金をかけることができるようになります。

ですが、値引きにも限界はあります。新車の場合はディーラーがメーカーからマージンをもらって販売していますので、そのマージンを超えてしまうと赤字になってしまいます。

人件費などの営業費もありますし、キャンペーンで台数限定の場合や、メーカーからのインセンティブを考慮した値引きなどの場合を除いて利益にならないような場合、値引きはされません。

また新車を買うときに、ディーラーに下取り出す方はとても多いようです。この場合はディーラーに下取り査定をしてもらうことになりますが、ディーラーに下取りを出すとほとんどの場合、損をすることになります。

この理由は、あなたとディーラーとの交渉になるからです。そうではなく、新車を少しでも安く買うためには、値引き交渉も当然ですが、自分の今乗っている車を少しでも高く買い取ってもらうことが大切です。

そして、高く買い取ってもらった分を新車購入時の資金に充てるのです。そのためには、ディーラーに下取りに出すのではなく、車の無料一括査定を利用することがとてもお勧めです。

一括査定サイトを利用すれば、あなたとディーラーの交渉ではなく、買取業者と買取業者の交渉になります。ですので、もしかしたらあなたのお持ちの車を手が出るほど欲しい買取業者が全国にはいるかもしれません。

その場合、業者同士での価格交渉となり、思った以上の買取金額が付くことになります。しかし、新車を購入するディーラーで下取りに出せば、そこのディーラーがさほど必要としない車種の場合、かなり安く買い取られる恐れがあります。

このようなことを防ぐためにも、まずは車の無料一括査定サイトに依頼を出し、出来るだけ多くの業者に見積もりを出してもらうことです。そうすれば、ディーラーが提示してきた下取り金額が適切なのか、そうでないかすぐに判断することができます。

ディーラーで提示してきた下取り金額が50万円だった場合、一括査定サイトに出せば100万円近い倍の値段がつくこともよくあります。この差額の50万円を新車購入時の資金に充てることができれば、どれだけ大きいことでしょうか。

ですから、まずはディーラーに下取り金額を確認したら、次に一括査定サイトを利用し、あなたの愛車の適切な金額を調べてみてください。きっと、ディーラーが提示してきた下取り金額との差にびっくりされると思います。



こんな記事もよく読まれています

車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.