車記事(税金・保険編)です。

  • TOP
  • »
  • 車記事(税金・保険編)

車記事(税金・保険編)

車両代金以外にかかる税金と諸経費

車を購入するときには、車両代金以外に様々な諸経費がかかるものです。車を購入する際にかかる諸経費とは、主に「税金と保険」「販売店の手数料」があります。

ここのページでは、その部分について触れていきますが、詳しいことは各項目に分けて説明していきますので、色々と詳しく知りたい方は、各ページをそれぞれご覧頂ければと思います。

まずここのページでは、車にかかる諸経費とはどのようなものがあるのか、このことについて簡単にお伝えできればと思います。

まず、車にかかる諸経費には「税金と保険」「販売店の手数料」に分かれます。車にかかる税金と保険には以下のものがあります。

「自動車税、軽自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」「消費税」、そして「自賠責保険料」があります。

販売店の手数料となるものには、以下のものがあります。「登録費用」「車庫証明費用」「整備費用」「納車費用」「車検費用」「下取り費用」「リサイクル料金」などです。

車を購入するにはこれだけの諸経費がかかることになります。具体的には、仮に200万円の普通乗用車を中古で購入する場合、その車種によっても金額は変わってきますが、だいたい20万円~30万円以上の諸経費がかかると思ってもらえれば、間違いないと思います。

つまり、車両代金が200万円の中古車だったとしても、総合計の支払い金額は220万円~230万円程になると思ってもらえればと思います。車種によってはこれ以上かかるものもあると思います。

これを聞くと、かなり高いと感じますよね。ですが、車と言うのは便利な乗り物だけに、それだけお金がかかるということになります。

ですが、これは車を購入するときにかかる諸経費であって、購入した後にも車には色々な諸経費がかかります。毎月の駐車代やガソリン代、そしてほとんどの方が加入される任意保険と車両保険、どこか出かけるときに使う高速代金などがあります。

この中でも毎月かかる駐車代、任意保険、車両保険は年間にするとかなり高額になります。特に都内に住まれている方の駐車代はとても重く圧し掛かる諸経費です。

私の実家は東京の品川区なのですが、その近辺で駐車場を借りようとすると、最低でも月額3万円以上は必要となります。ですが、この3万円と言うのは最低ラインで、砂利道でとても入れにくい場所で3万円になります。

スムーズに駐車出来るところで、路面がアスファルトの駐車場となると、月額4万円以上はします。またこれに屋根付きの場所に停めようとするのであれば、月額5万円はかかります。

ちなみに私は実家にいる時に、軽自動車を知り合いが所有する駐車場で借りていましたが、とても入れにくく、雑草が生い茂っているところでも月額2万6千円しました。

ですが、これはお友達価格で安く停めさせてもらってこの金額です。おそらく、私以外の方は月額3万円以上は払っていたと思います。

次に任意保険や車両保険、これもとても重く圧し掛かる諸経費です。最近では通販型の保険が出てきているので、昔に比べると大分保険料が安くなりましたが、それでも車両保険込みとなると、年間で7~8万円はすると思います。

ガソリン代金や高速代金は、それぞれの諸事情でいくらでも調整することはできると思いますが、今までお伝えしてきたものは車を所有している限り、どうしてもかかってくる諸経費になります。

車は購入するときも、購入後もかなりの諸経費がかかります。やはり車というのはお金がかかる乗り物です。しかし、車はハンドルを握って運転する楽しさがありますし、目的地のすぐ側まで運んでくれる素晴らしい乗り物です。

このような素晴らしい乗り物に対してはどうしてもお金がかかる、それはしょうがないことだ、と考える方もいるでしょうし、地方の方にとっては車がないと死活問題になりかねませんから、もう少し毎月かかる諸経費をなんとかして欲しいと考える方、それぞれだと思います。

どちらにせよ、車と言うのはとてもお金のかかる乗り物だと言うことです。ですから、車にかかる税金や諸経費に関して、どのように捉えていくかはあなたの価値観次第だと思います。




こんな記事もよく読まれています

車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.