車種別買取2のページです。

  • TOP
  • »
  • 車種別買取2

車種別買取2

新古車ほど事故車が多い理由

新古車とは、新車登録をしてから半年以内の未使用車のことを言いますが、実はこの新古車ほど実は事故車が多かったりします。この話をすると大抵の方は「えっ!?」と、ビックリされます。

この新古車のメリットは、新車とほぼ変わらないにも関わらず、新車価格よりも安く購入できるところにあります。ですが、この新古車に実に多いのが、事故車だったりします。

私は友人達にこの話をすると非常に驚かれるのですが、車業界に一度でも身を置いた人であれば、当たり前の常識としてほとんどの人が知っていることです。

しかし、一般ユーザーの方にとっては、この事実を知らない人が多いことを知ったので、ここでは新古車について少しお話を出来ればと思います。

ではそもそも、新古車というものがなぜ市場に流通するのでしょうか。工場から出荷されたばかりの新車が中古車市場に出回る一つの理由として一番多いのが、輸送中の事故になります。

一般的な考えとして新古車は、展示車や試乗車、もしくは何かの事情ですぐに前のオーナーが手放した車と考える方が多いようですが、実は新古車が中古車市場に出回る一番多い理由は、この輸送中の事故になります。

このことを知らない一般ユーザーは非常に多く、まさか新古車が事故を起こしていると思っている方は少ないようです。しかし、新古車はこの輸送中の事故によって中古車市場に流れていることが多くあります。

輸送中の事故とは、出荷工場から販売ディーラーへ、もしくは販売ディーラーからお客様のところへ、この間に起きた何かしらの事故を指します。

通常、工場から集荷された車は、フェリー輸送や積載車による輸送によって届けられます。この輸送中に起きた接触事故や追突事故により、新車としての価値はなくなってしまいます。

しかし、出荷工場から出てきたばかりの車をちょっとした接触事故などの理由で、そのまま廃車にするわけもいきませんから、修復して新古車として中古車市場に流すのです。

また、この新古車のやっかいなところは、新車で工場から集荷したばかりの車なので、塗装を塗り直しても、ほとんど見分けが付かないところにあります。

何年も使用した車の塗装を塗り直すのであれば、明らかに塗り直した箇所が分かるのですが、新古車は塗装の塗り直した箇所が分からないことがほとんどです。

ですので、新古車だからといっても実は小さな接触事故や追突事故を起こしている車が非常に多いということを、ここでは知って頂ければと思います。

ですが、通常の交通事故とは違い、あくまで輸送中に起きた事故ですので、ほとんどの場合、走行に支障が出るほど大きなダメージを受けている車はありません。

また、必ずしも新古車全てが事故を起こしているということでもありませんので、安心してください。ただ、新古車だからといって、事故を全く起こしていない車ではないということも知ってもらえればと思います。



こんな記事もよく読まれています

車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.