Audi(アウディ)を少しでも高く買取ってもらうには一括査定がおすすめです。

Audi(アウディ)を高値で売却する方法をご紹介


Audi(アウディ)を高く売る方法を早く知りたい方はこちらをクリック

Audi(アウディ)はここ最近、日本でもとても人気のある車となりました。日本の芸能人やハリウッドスターの多くが愛車として乗るようになり、ブランド力が上がってきたことが人気の要因として考えられます。

また、広告にもとても力を入れているため、雑誌に取り上げられる機会が非常に増えたのも、人気が出てきた理由の一つと言えます。

また、アウディが日本だけではなく、世界的に人気になった理由としては他にもあります。まず一番の大きな転機は、デザイナーが変わったことです。

昔のアウディのデザインは、ユーザーからあまり評価が高くありませんでした。しかし、1998年から元日産の和田智氏(セフィーロやセドリックをヒットさせたデザイナー)が、アウディのチーフデザイナーとなったのをきっかけに、大きく変わっていきました。

今まではベンツやBMWなどに比べると、アウディはデザインがイマイチでしたが、和田氏がデザインを一新した、A5やA6、Q7は、大きなフロントマスクや高級感が溢れる内装など、大きなインパクトを与えました。

特に内装は非常に上質で高級感溢れるものに変わり、シートの座り心地もよく、高級セダンらしい上質さを兼ね備えました。

また、運転席周りはドイツ車らしい重厚な作りに変わり、且つシンプルな造りですが、質感が高く、落ち着きを与えてくれるデザインに変わりました。

和田氏のデザインしたA5やA6、Q7は、ユーザーにとても高い指示を受け、世界中でヒットしていきます。

このことをきっかけに、世界中でアウディが注目されるようになり、アウディの世界的な躍進の原動力になったと言われています。

まさに和田氏は、アウディを飛躍に導いた功労者と言えます。アウディの功労者が日本人と言うのは、私達日本人にとって、とても誇りに思えることですね。

そんなアウディは、元ベンツのエンジニアである「アウグスト・ホルヒ」によって創設されたドイツの車メーカーです。

1964年にフォルクスワーゲンの傘下となり、フォルクスワーゲングループ内のプレミアムブランドとして位置付けられていきました。

Audiは「アウディ」「DKW」「ホルヒ」「ヴァンダラー」の4メーカーが連合し設立したブランドで、4社を表した4つのシルバーリングがメーカーのロゴとなっています。

現在のフロントマスクにある、あの代表的な五輪のようなマークは、このような深い意味があります。

アウディはフォルクスワーゲンの傘下になっていますが、ベンツやBMWと肩を並べるプレミアムブランドとして、短期間で飛躍的に成長していきました。

アウディは1980年代に入ると、独自の4輪駆動システム「クワトロシステム」を開発し、ターボエンジンを採用した「アウディ・クワトロ」を登場させ、ラリー業界に旋風を巻き起こします。

当時のラリー業界では、二輪駆動(FR車)が常識でしたが、このアウディの4輪駆動システム「クワトロシステム」は業界をとても驚かせ、その後のラリーカーの方向性を決定付けたとも言われています。

そして、アウディといえばラリー、このような印象が強く残るようになっていきました。

その結果、アウディはスポーティーなデザインが多くなっていきましたが、スポーティーな中にも高級感のある絶妙なボディデザインを採用したことで、他メーカーと差別化を図り、徐々に人気が出るようになっていきました。

また、アウディはその後ラリーだけに留まらず、「ルマン24時間耐久レース」にも積極的に参戦していきます。

その結果、2004年から2008年まで5連覇を達成し、車としての信頼性がとても高いことを世界的に大きくアピールしてきました。

そして、ラリーやレースで培ってきた技術を市販車に惜しみなく導入していき、フォルクスワーゲン車の先進技術でもある(DSGやツインチャージャー)にプラスし、ほぼ全てのモデルにレースで培った技術と、独自のクワトロシステム(4輪駆動)を採用しています。

ですので、アウディの車は、非常に安定した走りと、パワーのある走りを実現させ、運転者の感性になめらかに反応し、アクセルを踏み込めばトルクのある加速をみせてくれるため、高速道路ではもちろん、一般道でもとても楽に運転することができる車です。

また最近では、若者層をメインターゲットとし、デザインもBMW、メルセデスベンツに引けを取らない押しの強いデザインを取り入れ、フロントマスクが睨み付けるデザインのモデルも増えてきました。

どのモデルを取っても、プレミアムな味付けになっていて、最近では日本人の好みに合った車が次々と販売されています。

そのため、中古車市場でもとても人気があり、新車価格ではなかなか手が届かないユーザーが購入するケースが多く、年式が比較的新しく、走行距離の少ない車は高値で取引される傾向にあります。

しかし外車の宿命とも言える、すぐに値段が下がってしまうと言うデメリットもあり、リセールを考えるとアウディはダメと言われるだけあって、中古車市場では年式が古く、走行距離が多い車はほとんど値が付かないことが多くなります。

しかし、私がお勧めしている「車の一括査定サイト」に依頼をすれば、年式が多少古く、走行距離の多い車でも、ディーラーや普通の買取店で売却するよりも、高値が付く可能性が大いにあります。

もしあなたが、愛車のアウディを売却しようとして、あまりにも値が付かずに悩んでいるのであれば、まずは一度、一括査定に依頼してみることをお勧めします。

おそらく、あなたが思っている以上の値を付けて買取をしてくれる業者が見つかるはずです。

また、こちらのサイトは「無料」で利用することができますので、まずは一度査定の依頼を出し、各業者の買取金額を確認してみてください。きっと、今よりも高値で買取をしてくれる業者が必ず見つかるはずです。


« 前の記事: メルセデス・ベンツ | 次の記事:ミニクーパー »




こんな記事もよく読まれています

車種別買取1


車を高く売りたい人はこちら


優良中古車が欲しい人はこちら


自動車保険を見直したい人はこちら


車検費用を抑えたい人はこちら



管理人 レーサーパンダのご紹介


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.