車の買取相場を表などを使って詳しくご説明しています。

愛車の買取相場を調べて少しでも高く売る方法


こちらのページでは、愛車を少しでも高く売るためのコツとやり方をお伝えしていきたいと思います。まず、愛車を少しでも高く売るためには、いくつかやらなければならないことがあります。

主に手順としては2つです。

1 あなたの愛車と同じ条件の中古車が現在いくらで販売されているか調べる

2 平均販売価格が分かったら、買取金額の限界値を探る

やることはこの2つです。

まず1つ目の「あなたの愛車と同じ条件の中古車が現在いくらで販売されているか調べる」ですが、愛車を少しでも高く売るためには、売却時点のリアルタイムの買取相場を知ることはとても重要です。

このリアルタイムの相場が分かっていないと、買取店との交渉を優位に進めることができません。それではここから、具体的なやり方をご説明していきます。

まずは以下のサイト「カーセンサー」を利用します。


カーセンサーはこちらから




まずは「カーセンサー」を利用し、現在のあなたの愛車に近い条件の車を探し、中古車市場でいくらで販売されているか調べます。販売されているあなたの愛車と同じ条件の中古車の販売価格が分かれば、おおよその買取金額が分かってきます。

では、参考車両として4年落ち(記事執筆中は2017年)のトヨタプリウスを例に買取相場の上限金額を算出してみたいと思います。

車名:トヨタ プリウス(2013年式)
走行距離:5万キロ
色:白
修復歴:無し




カーセンサーを開いて、トヨタを選択します。
(あなたの愛車のメーカーを選択します)




中古車ページから「プリウス」を探し、愛車のグレードを選択します。




地域選択は全国を選択します。その方がより多くのサンプルが取れるためです。




上記画面になったら、より愛車に近い中古車を探すため、更に条件を絞り込んでいきます。車種によっては、グレードによって相場が大きく変わることがあるため、細かく絞り込めば込むほど良いです。

また、逆に絞りすぎて参考車両の数が少なくなってしまった場合には、多少緩和して条件を絞ってみてください。参考車両の数は最低でも10台は欲しいので、その台数になるまで緩和して調整してみてください。



このように絞込んで検索すると、売却予定の車とほぼ同じ条件の車が複数台出てくると思います。今回調べてみると、同等の中古車が全部で28台出てきました。現在の買取価格の予測を立てるには、10台~20台前後の参考車両が見つかれば十分だと思います。

また、この時に気を付けて頂きたいのは、支払い総額ではなく、「本体価格」の平均を出すようにしてください。(赤丸部分)

本体価格の隣に支払い総額と掲載がありますが、支払総額とは業者の手数料が入っているため、間違えてこちらの金額で平均を算出しないようにしてください。

私の方で2013年式のプリウス、参考車両と同等の中古車28台の車体価格の平均を求めたところ、「147万6千円」と出ました。

ここから、業者の販売手数料や利益を差し引くと、そのお店がどのくらいの値段でその車を仕入れているか、だいたい検討が付いてきます。

その車の販売価格にもよりますが、業者の手数料としては、以下が一般的なマージンとなっています。


中古車販売価格が50万円~200万円位の価格帯なら、販売店の手数料はおよそ10万円~30万円位と考えてください。

販売価格が200万円~500万円以上の中古車の場合は、およそ30万円~50万円位の手数料になると考えてください。

この販売店の手数料を平均で出した本体価格から差し引けば、その車の仕入れ値がだいたい分かります。

つまり、車の仕入れ値が分かれば、その車の買取上限額が分かってきますので、交渉をする上でとても有利になります。

上記の例で言えば、プリウスの本体価格の平均が「147万6千円」、販売店のマージンを差し引くと117万~137万、この辺りが買取の上限額と予測が付きます。

つまり、今回の参考車両の買取平均価格は、117万~137万の間くらいということが分かります。この買取額が分かったら、目標金額の設定をして、業者との交渉に入っていきます。

このことがわかっているのと、分かっていないとでは、交渉の際で大きな結果を生みます。中古車業者は車を安く仕入れて、高く売る、このシンプルな商売で利益を得ています。

ですから買取店の営業マンは、あの手、この手を使って、あなたの愛車を安く買い取ろうとしてきます。買取店の営業マンは1日に何台もの車を査定します。

しかし、一般の方が車を売却するのは数年に1度あるか、ないかです。そんなあなたが、毎日何台も査定しているプロにいくら交渉をしても勝てるわけがありません。

しかし、この平均買取相場が分かっていれば、営業マンの提示してきた金額が平均より上なのか、下なのかがすぐに分かります。

この営業マンは妥当な金額を提示しているのか、それとも言いくるめて安く買い取ろうとしているかのかが、一目瞭然に分かります。

ですので、あなたの愛車の平均買取相場を知り、買取上限額がいくらなのかを調べておくことは、売却時にとても有利になるのです。

多少面倒かもしれませんが、このことを調べておかないと、買取の際に数十万円の差、車種によっては数百万円の差になることもありますから、絶対に調べてから業者との交渉に入るようにしてください。

A店では「その金額はどこも出せないと思いますよ」と言われた金額が、B店なら「その金額であれば買取ります」と言われることは日常茶飯事ですから、愛車の買取上限額を算出しておくということは、愛車を高く売る上でとても大事なことなのです。


▼愛車の目標買取金額の決め方

●カーセンサーで愛車と同等の中古車を探す

●年式、走行距離、色、グレード、修復歴の有無で絞り込む

●台数が少なければ、条件を少し緩める。

●愛車と同等の中古車を十数台ピックアップする

●本体価格の平均を割り出す

●平均価格から販売店のマージンを差し引き、買取上限額を予測する


ここまで分かったら、いよいよ業者との交渉に入っていきますが、この場合、必ず複数の買取店(3社~5社)に査定してもらうようにしてください。複数の買取店で査定してもらうことにより、高値で売れるチャンスが広がります。

その時に査定に来る営業マン、売却するタイミング、車種によって、高く売れる買取店は常に変動します。そのため、色々なタイミングが重なって高額買取になることが多いので、複数の買取店へ査定してもらうことが高額買取に繋がるポイントになるのです。

また、複数の買取店の中には、中小規模の買取店を必ず入れるのもポイントです。何故なら、中小の買取店は買取った車を自社でそのまま販売をするケースが多いので、大手と比べると買取金額の上限が高い場合があるからです。

ですが、複数のお店に査定に出すのはとても面倒なことです。このときにとても便利なのが、無料で利用することができる「車買取の一括査定サイト」です。まずはこの一括査定サイトを利用し、複数の業者の買取金額を調べます。

ただ、一括査定サイトといってもたくさんありますので、まずは以下でお勧めしている3つのサイトに査定依頼を出します。

3つの一括査定サイトに申し込む理由は、各サイトによって登録している業者が違うためです。多少、重複する業者もたまにいますが、1つの一括査定サイトではやはり物足りません。

最低3つの一括査定サイト(お勧めしている一括サイト)にまずは依頼は出し、各業者の買取金額を出していきます。


一括査定サイトで受け取った金額を見れば、どの業者が平均価格よりも高く提示してくれているか、すぐに判断が付くと思います。

ただ、この一括査定サイトで出す業者の金額は、あくまでも概算の金額になります。あなたの愛車の状態によって、大きく買取金額も変わってきますから、正確な金額は車を実際に見てからでないと、出ないということは知っておきましょう。

そして、あなたはもう自分の愛車の買取相場がこの時点で分かっているわけですから、どの業者が高い金額を提示していて、どの業者が低い金額を提示しているか、すぐに分かるはずです。

平均価格よりも値を下げて提示してきている業者はこの時点で切ってしまいましょう。平均価格、もしくはそれ以上の業者とだけ交渉に入っていきます。

そして、ここからがとても大事なポイントなのですが、交渉の際には目標の金額よりも少し高めの金額で交渉していきます。そして、それ以下では愛車を売却しないことを業者に伝えます。

上記で算出したプリウスの平均買取価格は「117万~137万」でした。買取店へ伝える希望金額は、算出した平均価格よりも少し高めの金額にします。

今回の場合、プリウスの平均買取価格は「117万~137万」と予測が出来ますので、プラス5万円位の140万円前後に設定します。

140万円だとおそらく相場としては高いはずですので、この金額ですぐに買い取りますという業者はなかなかいないと思います。

もし140万円で買取ると言って来たら、そのまま売却してしまいましょう。かなりの高値での買取に間違いないと思います。

そして、実際に査定してもらう時は「140万円が希望です」と伝えます。そして、この買取金額にならなければ売らないという強い意志を見せて、複数の買取店に商談して愛車の限界買取価格を探っていきます。

また、買取店からは「他のお店にも査定をお願いしているか」、「いつ車を手放すことができるか」など、色々と聞いてくると思います。

もし、このようなことを聞かれた場合は、「ディーラーに一度査定してもらいました」とだけ答えましょう。そうすると、ディーラーの査定はいくらですか?と聞いてくると思うので、「ディーラーでは117万円です」と目標買取金額の最低ラインを伝えます。

買取店では、ディーラーや他のお店の金額に多少上乗せをした金額で買い取ろうとして来ます。この段階では、あくまで自分で出した平均買取額ですから、117万円が安いのか、高いのか分かりません。

ただ、ディーラーの査定金額と伝えておけば、もし仮に実際安い金額だったとしても、買取店側からすると「ディーラーだからしょうがないかな」と思われますし、高かかったとしても「値引きの下取りで高めに引き取っているのか?」と納得してくれます。

これで117万円の査定金額が安いのか、高いのか、買取店の反応を見ればだいたい分かります。おそらく、以下のような回答が返ってくると思います。


「弊社でしたら、ディーラーよりも高値で買取することが可能ですよ」
(更なる上乗せが期待できる)

「ディーラーにしては高い買取額ですね」
(上乗せの期待ができるが、出来ても+5万~10万位?)

「かなり高い買取額ですね、多分新車購入の値引き分が含まれていると思います」
(上乗せが難しい微妙なライン)


このような反応があると思います。この反応を見て「117万~137万」のどの価格帯が買取の上限ラインなのか、おおよその見当が付いてきます。

また2社目だろうが、3社目だろうが、買取店には「ディーラーの査定だけ受けています」という形で商談に持ち込むようにしてください。

買取店は、他の買取店の金額が分かっていない方が、思い切った金額を出しやすくなります。何故なら、買取店もあなたの車を買い取りたくて商談に来ているわけですから、出来れば契約して帰りたいのです。

ですから、「他の買取店に取られてしまう前に、多少高い金額でも買い取るか」となることが多いのです。

逆に他のお店の買取金額が分かると、その金額に対して「多少の上乗せ」の金額を言ってくることが多いです。結果、買取相場の上限まで行かずに契約となってしまう事が多いのです。

また、大手の買取店などは難しい判断を煽られた場合、査定員の一存だけで決められないことがあります。その場合、最終的な判断をするのは、そのお店の店長や本部になります。

しかし、地域でやっている中古車店は、社長自ら査定に来ることがよくあるため、その場合は即段することが可能なので、他社と競っていたり、この金額でお客が納得行くと思ったときは、高値を言ってくることが多いです。

それとどこのお店もそうですが、本気であなたの車を買い取りたいときは、やはり決断に時間がかかります。

全国のオートオークションの落札相場、輸入車や海外で人気の車種であれば、その時の海外の需要も考えなくてはなりません。

また、店長だけで決断が難しい場合は、本部の承認を取らないといけないことが多いため、時間が掛かるのはしょうがないことです。

お店側としても、赤字になってしまっては身も蓋もないですから、ギリギリの買取金額での交渉はやはり慎重になりますし、決断には時間がかかります。

ですので、交渉に時間がかかっているときは、お店側もかなり本気になってくれていると捉え、あまりイライラせずに焦らず待ちましょう。

また、ここも大事なポイントですが、本気の交渉をする場合、愛車を手放せる時期を明確にしておくことが大切です。

車をすぐに売る気がないユーザーに対して買取店は、本気の金額を出してきてくれません。ですので、こちらの希望に達すれば今すぐにでも車を売却する意志を見せることで、買取店も本気の金額で交渉に望んできてくれます。

逆にまだ車を売るかどうか分からない状態では、買取店も目一杯の金額を当然出してきません。当然のことながら売る意志のない人に本気の金額を伝えるわけありません。

その売却期間の目安として、1週間以内がベストです。遅くても10日~2週間前後で手放す意志があることを伝えると、買取店も本気になってあなたと交渉してくれます。

また、売却予定が2週間以上先になる場合、買取店は査定金額を保証出来なくなるリスクを負うため、突っ込んだ買取金額を提示することができなくなります。

何故かと言うと、中古車市場は2週間も経つと買取相場が変動するからです。ですので、出来るだけ早い期間で車を手放すことを伝え、すぐにでも引き渡しが可能な状態で買取店に査定してもらうようにしてください。

いかがでしたでしょうか?

ここまで長々とご説明してきましたが、やることはとてもシンプルです。


1.カーセンサーを利用して、現在の愛車の平均販売価格を調べる

2.愛車の平均販売価格を算出したら、買取希望額を決める

3.一括査定サイトを利用し、複数の買取店に査定してもらう

4.概算金額を出したら、高めの買取希望金額を設定し交渉に入る

5.「限界値の買取金額でないと売らない」意志を見せ、複数の買取店と交渉する

6.各買取店の限界値が分かったら、折り合いを付けて納得したら売却する


これらの手間を掛けることで、あなたの愛車を買取平均相場の限界値で売却することができるのです。数十万円でも大きいと思いますが、車種によっては数百万円の差になることもしばしばです。

やるか、やらないかでこれだけの大きな差になるのであれば、ぜひ面倒と感じても実行していただき、愛車を最高値で売却してもらいたいと思います。

そして、その浮いたお金で新しい車を購入する資金に充てたり、何か美味しいものを食べたり、貯金をしたり、色々とできると思います。

ぜひ、今までお伝えしたことを実践していただき、後悔しない売却をして頂ければと思います。

最後にもう一度、愛車の平均価格を調べるためのサイト「カーセンサー」と、愛車の売却をするときに利用する「車買取の一括査定サイト」をご紹介しておきますので、ぜひこれらのサイトをフルに活用して、最高値で愛車を売却してもらえればと思います。




カーセンサー.net







 次の記事:愛車を高く売るポイント! »




こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.