自動車ローンが残っている車を売却する手続きの仕方をお伝えしています。

自動車ローンが残っている車を売却する手続き方法

私は友人や知人から、車に関する様々な相談を受けます。

その中でよく質問されるのが、ローンが残っている場合でも車は売却できるのか、という質問です。

最初に結論を申し上げますと、自動車ローンが残っていても、車を売却することは可能です。

しかし、正しい手続きを踏まないと、法律で罰せられる可能性がありますので、これからお伝えする手順に沿って、手続きをしてもらえればと思います。

まず車をローンで購入した場合、所有者は信販会社、もしくはディーラーなどになっていると思います。

この場合、自動車ローンの支払いが終わるまでは、車の所有権はあなたではなく、信販会社、もしくはディーラーに所有権がありますので、あなたは使用者として扱われます。

車検証をご覧頂くと分かりますが、車検証の欄には「所有者の氏名又は名所」と「使用者の氏名又は名所」の欄がそれぞれあります。

自動車ローンの完済が終わっていない場合、以下のような記載になっているはずです。

所有者の氏名又は名所の欄→信販会社 or デイーラー
使用者の氏名又は名所の欄→あなたのお名前



つまり、ローンの完済が終わっていない場合、あなたは車の使用者となりますので、あなたは車の所有権がないということになります。

ですので、ローンの完済が終わっていないにも関わらず、車を売却するということは、信販会社やデイーラーが所有している車を許可なく売ってしまうということになります。

もし、所有者の許可なく売却をしてしまった場合、法的に他人の所有物を勝手に売却したということになりますので、罰せられる可能性があります。

車の所有者でない場合は必ず「所有権解除」の手続きを行ってから、車を売却する必要があります。

通常、車を売却する際は中古車販売店などに依頼をすることが多いと思いますが、中古車販売店では、所有権解除をしないと車の売買が出来ないことを当然知っていますので、手続きを全て請け負ってくれるところがほとんどです。

しかし、友人や家族(子供)などに車を譲渡する場合、所有権解除をしないまま譲ってしまうと、譲渡した相手が事故などを起こした場合、全ての責任は使用者のあなたに発生することになりますので、もし友人や家族に譲る場合は注意しなくてはなりません。

所有権解除をしていないということは、ただ単に車を貸しているだけに過ぎません。ですので、その後に起きる全ての責任はあなたに発生することになりますので、必ず所有権解除を行ってから車を譲渡するようにしてください。

それではここから、所有権解除の手続き方法をお伝えしていきたいと思います。

まず使用者であるあなたが所有者になるためには、残っているローンの残債を終わらせなければなりません。そして、ローンを完済させた上で「所有権手続きの解除」をしていきます。

まず所有権手続きの解除をするには、現在の所有者である信販会社やディーラーなどにローンの完済を終えた旨を伝え、必要書類を送ってもらう必要があります。

必要書類とは以下になります。普通自動車と軽自動車で送付してもらう書類が異なりますので注意してください。

●所有者から送付してもらう書類

※普通乗用車
委任状・・・・・所有者の実印押印
譲渡証明書・・・所有者の実印押印
印鑑証明書・・・発行3ヶ月以内のもの

※軽自動車
軽自動車所有者承諾書、もしくは軽自動車譲渡等承諾書
軽自動車検査証申請書、もしくは申請依頼書 ※所有者の認印必要

上記書類を所有者から送付してもらったら、次にあなたがお住まいの地域を管轄する陸運局に出向き、手続きをする必要があります。

その際に必要となる書類は以下になります。

●普通自動車の場合(あなたが揃える必要書類)

所有者から送ってもらった書類一式(上記で案内した書類)
車検証の原本
印鑑証明書(発行してから3ヶ月以内のもの)
車庫証明書(車検証の使用者住所と印鑑証明書の住所が同じ場合は不要)

上記書類を揃えたら、その書類を持って陸運局に出向き、次に下記書類を陸運局で入手し手続きを行います。

移転登録申請書
手数料納付書
検査登録印紙(500円)

普通自動車の手続き箇所は「管轄の陸運局」になります。

※揃えた書類を全て窓口に提出したら手続き完了となります。


●軽自動車の場合(あなたが揃える必要書類)

所有者から送ってもらった書類一式(上記で案内した書類)
車検証の原本
軽自動車納付証明書
認印

軽自動車の手続き箇所は「管轄の軽自動車検査協会」になります。

※上記書類を揃えたら、その書類を持って軽自動車検査協会に足を運び手続きを行います。揃えた書類を全て窓口に提出したら手続き完了となります。


ローンが残っている車を売却する場合、このような面倒な手続きが色々と必要となってきますが、所有権解除を行わないと車を売却することができません。

しかし、大手の車買取業者などでは、このような面倒な手続きをしなくても、簡単に車を売却することができる「ローン返済サービス」を用意してくれているところがほとんどです。

ローン返済サービスとは、買取業者が車の売却金額から、ローン残債を一括返済してくれるサービスです。

このサービスを利用すれば、面倒な所有権解除の手続きも代行してくれるので、ローンの残債が残っている車でも面倒な手続きなく売却することが可能になります。

例えば、車の売却金額が150万円、ローンの残債が100万円だった場合、売却金額から残債を差し引いた金額、50万円が業者からあなたに支払われます。

また逆に、車の売却金額が150万円、自動車ローンの残債が200万円だった場合、不足分の50万円を業者に支払い、ローンを一括返済してもらうサービスです。

業者によっては、分割払いに対応しているところもあるので、ローンを完済していなくても、安心して車を売却することができます。

ですので、所有権解除の手続きをすることが面倒だな、と感じる方は、大手の買取業者に任せてしまうことがお勧めです。

面倒な手続は買取業者の方で全て行ってくれますので、手間なくローン返済中の車でも売却することができます。

それには大手買取業者が複数加盟している、「車の一括査定サイト」に依頼を出してしまうことがお勧めです。

車の一括査定サイトに依頼を出せば、あなたの愛車を最高値で買い取ってくれる業者がすぐに見つかりますし、買取対応可能な業者がローン返済サービスを提供しているかなどもすぐに分かります。

もしあなたが、ローンの返済が終わっていない車の売却を考えているのであれば、車の一括査定サイトに一度依頼を出してみてください。面倒な手続きをすることなく、スムーズに売却することができますので、とてもお勧めです。





« 前の記事: 愛車を高く売るポイント! | 次の記事:車をまとめての売却ポイント »




こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.