ディーラーで車を下取りに出すと数十万円損をしている可能性があります。

ディーラーに下取りを出すと損をする理由

車を買い換える場合、大半の方がディーラーに下取りに出してしまう方が多いようです。

理由としては、「ディーラーに下取りに出すと新車の値引きをしてくれる」、「オプションをたくさん付けてくれる」、「新車が届くまで無料で代車を貸してくれる」などがあるようです。

ですが一番の理由は、下取りに出せば全ての面倒な手続きをディーラーがやってくれる、これが一番多いようです。

確かに車を買い換える場合、買い替え予定のところでそのまま引き取ってもらえればとても楽ですし、忙しい方にとってはこれ以上の方法は無いと思います。

しかし、下取りに出すということは、「あなたはかなりの損をしている可能性がある」、このことを知っていただきたいです。

ディーラーは下取り金額を一方的に決めるケースが多く、下取りに出す側は自分の車の売却相場を調べていない限り、どの位の金額で売れるのか知ることはできません。

また調べようと思っても、ほとんどの方が正確な金額を知ることはできません。その理由は、リアルな情報はディーラーや中古車を売買する専門業者しか持っていないですし、中古相場は常に変動しているからです。

つまり、廃車にする場合を除いては、新車販売価格の値引き分やその他諸経費をしっかりと差し引いた金額で下取られることになります。

新車の値引きやオプションをたくさん付けてくれたから、と良心的に思ってしまうかもしれませんが、それも全てディーラーでは計算されていて、しっかりと利益が残る仕組みになっています。

またディーラーが、この車は値段が付けられません、しかし、頑張って引き取りだけなら無料にしますよ、などと言うケースもありますが、知識が無いオーナーは良心的だと思ってしまいます。

ところが、実際は30万円で売れる中古車だったかもしれません。タダで引き取って費用をかけて廃車にしているのかと思ったら、自社の中古販売店で販売したり、オークションに出して丸儲けしているところもよくあります。

ですから、新車の値引やオプションをしてくれたから良心的だと思っていたら、実はあなたの愛車を引き取って得た利益が、ディーラーにとって大きなものになっている場合があるのです。

ですが、ディーラーもビジネスをしているわけですから、やっていることは悪いことではないと思います。ですが、ユーザー側としたら長年大事に乗ってきた愛車を少しでも高く買い取ってもらいたいですし、次の車の購入資金に少しでも充てたいはずです。

では、どうすれば自分の車を高く売ることができるのか。それは下取りに出すのではなく、買取専門の業者に売却すればいいのです。

買取を専門としている業者の場合は、全国レベルで買取りのネットワークを持っていますので、幅広い車種を高く買い取ることができます。

ですが、複数の買取業者に査定をしてもらわなくてはいけないので、手間がかかる上に下取りのように次の車が来るまで代車を貸してもらえませんから、その辺の不便はあります。

しかし、愛車を少しでも高く売ることができれば、次の車の購入資金に余裕ができ、グレードアップをできるかもしれません。実際に査定に出してみれば分かりますが、下取りに出すことがいかに損なのかが分かるはずです。

また、軽自動車に限っては1年中相場が安定している傾向があるため、普通車よりも値段が落ちず、5年乗ったような中古車でも高い値段で売買されている傾向にありますから、下取りに出すことは特にお勧めできません。

また、買取りは下取りとは違って、人気の車種や装備品は買取価格を上げることができ、予想もつかない高値で売れることもあります。

買取の場合、オートオークションと呼ばれる業者間のオークションの相場を元に査定をするところが多く、装備品、オプションなども高く評価されます。

買い取ってすぐに売れる車は特に高くなり、最近は市場も拡大してすぐに売れるケースが多くなっていますので、価格もどんどん上がっています。

また買取りをしてもらう場合は、必ず「一括査定サービス」を利用することです。そして、1つの業者ではなく、必ず複数の業者に見積りを取ることが大事です。

その理由は、業者によって買取の得意、不得意があるからです。例えば、軽自動車を専門としている買取業者もいますし、輸入車を専門としている業者もいます。

ですので、あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうには、最低でも5社以上の買取専門業者に査定をしてもらうことが大事です。そうすれば、あなたの車の買取相場がだいたい分かるはずです。

その金額を頭に入れ、ディーラーに下取り金額を聞いてみてください。どれだけディーラーがあなたの車を安い金額で買い取ろうとしているかが分かるはずです。

買取と下取りでは、車種によっては100万円以上の差がつくことがありますので、ディーラーに下取りに出す前に必ず一括査定サイトを使うことがお勧めです。

そして、もし仮にディーラーの方が高い買取金額を提示してきたのであれば、そのまま下取りに出せばいいですし、一括査定サイトの業者の方が高い買取金額を提示してきたら、そちらの業者に売却すればいいのです。

ただほとんどの場合、ディーラーが一括査定サイトの業者よりも高い金額を提示してくることはありません。9割5分の確率で一括査定サイトに登録している業者の方が高い金額を提示してきてくれます。

もしあなたが、車の買い替えを検討していて、今乗っている愛車をディーラーに下取りに出そうと考えているのであれば、まずは一度「一括査定サイト」を利用してみてください。

ディーラーで下取りに出すよりも確実に高い金額であなたの愛車が売れ、結果的にグレードアップした新車を購入することができると思います。

私がお勧めしている一括査定サイトは以下3つです。この3つの査定サイトに依頼を出せば、あなたの車を最高値で買い取ってくれる業者が必ず見つかるはずです。ぜひ、この一括査定サイトを利用して、次の車を購入するための資金を増やしてください。





« 前の記事: 下取りと買取どちらが得? | 次の記事:査定額はどうやって決まる? »




こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.