車の買取価格が条件によって変わるその理由を詳しくお話しています。

買取価格は条件で変化する

車の買取価格は色々な条件によって変化しますが、特に季節は大きく影響します。

また、中古車販売業者の決算時期も車の買取価格に大きく影響し、この時期は車を高く売るのにはとても狙い目の時期と言えます。

まず季節についてですが、オープンカーを売る場合、冬場や夏場に売却することがお勧めです。

「オープンカー」は過ごしやすくなる春先から秋先にかけて需要が高くなります。そのため、春や秋が来る前に売却をすると、通常の買取価格よりも高く買い取ってもらえる傾向にあります。

また「4WD車」は、夏~秋にかけて売却することがお勧めです。雪があまり降らない都心で売却する場合はさほど査定額が変わらないことが多いですが、雪が多く降る地域では需要が高まりますので、買取価格が高くなります。

またベンツやBMW、アウディなどの外車は、買取価格が一番下落しやすい傾向にあります。その理由は色々とありますが、新車の購入価格がとても高いため、中古車市場でも購入できるユーザーが限られてくるということがまずあります。

また購入価格が安かったとしても、「その後の維持費がとてもかかる」、「燃費が悪い」、「壊れやすい」など、このような問題があるため、中古車市場全体を見渡すと、外車は不人気車と分類されています。

そのため外車は3年や5年のディーラー保証が切れたタイミングや、その車で故障が出てくる年式や走行距離を過ぎた辺りから、中古車市場では一気に値段が下がっていきます。

あなたもネットや雑誌などでベンツやBMW、アウディなどの外車がとても安く販売されているページを見かけると思います。外車がすぐに値落ちしてしまうのは、このような理由があります。

ですので、外車オーナーが高く売却するためには、3年や5年のディーラー保証が切れる前や比較的年式が新しく走行距離が少ないうちに売却してしまうことです。この時期を逃すとグンと買取額が下がることは覚悟しなくてはなりません。

また普通車であれば、春先に合わせて1月~3月がもっとも買取りが高くなる時期です。その理由は、転勤や移動で引越をする人が増え、住む環境が変わると車の買い替えを検討したり、車を必要とする人が増えるためです。

春先はライフスタイルが大きく変わる人が増えるため、それに合わせて車を必要とする人が多くなります。また秋先も同様で春先よりは需要が落ちますが、車を買う人が同様に増えます。

ですから、中古車業者もその時期に合わせて在庫をしっかりと整えておく必要があり、1月~3月、8月~9月というのは中古車業者にとって一番車の在庫が必要となる時期でもあり、決算時期と重なるタイミングもあって、買取需要が一番高まるのです。

業者によっては、1年の売上の大半が1月~3月に集中しているところが多く、この時期に在庫をしっかりと確保できるかによって売上が変わってきますから、業者は多少買取価格を高くしても在庫を増やす傾向にあります。

ですので、ユーザーにとってはこの時期が一番車を高く売れる時期とも言えますから、車を売却しようと考えている人は、この時期を見計って手放すことがお勧めです。

またその他の時期として売却にお勧めなのが、ゴールデンウィーク、お盆、正月などの大型連休の前です。レジャーに車で出掛ける方や、長い休みの間に車を買い替える方の需要が増えます。

1年間を通して、車を売却するのにお勧めな時期としては、

・1月~3月(春先の需要と決算時期が重なるため)
・8月~9月(秋先の需要と決算時期が重なるため)
・大型連休前

この時期に狙いを定めて車の売却を考えておけば、平均市場価格よりも高く売ることが出来るはずです。ですが、この時期をわざわざ狙って売却するのはなかなか大変だと思います。車の売却時期はその人のライフスタイルによって変わってくるものです。

お伝えした時期に車を売却すれば、通常の買取価格よりも高く買い取ってもらえますが、その時期でなくても、私がお勧めしている「一括査定サイト」を利用すれば、1年を通しても比較的安定して平均以上の買取価格で車を買い取ってもらうことができます。

私がお勧めしている一括査定サイトは以下にご紹介する3つです。この3つのサイトに査定依頼を出せば、売却時期のタイミングを逃したとしても、あなたの愛車は平均買取価格よりも高く買い取ってもらえる可能性が十分にあります。

このサービスは「無料」で利用することができますから、まずは一度査定依頼を出してみてください。きっと、あなたが希望していた買取額よりも高い値段で買い取ってくれる業者が見つかるはずです。





« 前の記事: 買い換えるタイミングとは? | 次の記事:人気の買取車種は何? »




こんな記事もよく読まれています


Copyright © 2017 レーサーパンダ.net All Rights Reserved.